KBCアサデス:アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎について

寒い日が続いていますね。。

先日アサデスの取材でアレルギー性鼻炎と副鼻腔炎についてお話ししました。

副鼻腔炎はいわゆる”蓄膿症”と同じもので、はなからのどに不快な汁が持続する、においがしない(または臭いにおいがする)、黄色い鼻水がでる、頬部や頭の痛みなど不快な症状をきたす事で知られていますが、実はアレルギー性鼻炎とも深い関わりがあります。

アレルギー性鼻炎は粘膜の腫れをきたしますので、副鼻腔の自然孔(もともと開いた孔)を狭くして膿汁などの排泄を障害します。その結果、アレルギー性の副鼻腔炎を起こす事もあるのです。

くわしくはHP診療案内の”鼻”を参照してください!

わかなないことはクリニックでも気軽に院長に直接お尋ねくださいね!

img_1963

 

2016年12月24日
年末年始休診のお知らせ(お願い)

寒い日が続いたり、急にあたたかくなったり。。。本当に気候が不順な今日この頃です。

年末年始の休診のお知らせとお願いです。

 

新規開院のため院内点検などがあり、申し訳ありませんが12月29日から1月3日まで休診とさせて頂きます。

 

なお12月28日は院内点検のため、午後4時で受付を終了させて頂きますので、ご了承お願いします。

なお最終日は混雑が予想されますので、可能な限り27日までの受診をお願いします。(急患は除きます。)

ご来院の皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒よろしくお願いします。img_1815                                               院長 白土秀樹

2016年12月21日