お知らせ

学会休診のお知らせ(6/1)

ことしの春の傾向として、寒暖差が激しいために寒暖差アレルギーなどから、のどやはなの炎症をおこした方が多い印象です。また朝夕の気温変化は自律神経を乱すことで、免疫力の低下やめまいを起こす事もあります。洋服で体温をこまめに調節してください!今年も最新の医学知識を勉強するために横浜で行われる全国学会に参加させていただくことにしました。患者さんには大変ご迷惑をおかけしますが、6月1日金曜日を終日休診としますので、よろしくお願いします。また、ゴールデンウィークは暦通りですのでよろしくお願いします!

_

 

 

2018年04月21日
九州大学医学部臨床教授の称号をいただきました

九州大学医学部耳鼻咽喉科 中川尚志教授のご指示により、今年も九州大学医学部4年生学生の臨床講義を担当させて頂きました。また本年4月1日付けで九州大学医学部臨床教授の称号をいただきました。名に恥じぬ様にさらに臨床研究も頑張っていく所存です。私の専門としている口腔咽頭疾患と耳下腺腫瘍、唾液腺疾患についてお話ししました。学生さんの講義は緊張しますが、質問もいただき充実した時間でした!所用あり箱崎の本学にも立ち寄りましたが、あちこち工事中で寂しい感じでした。旧本館を久しぶりにみてきました!代診の菊池先生いつもありがとうございます。

_

2018年04月02日
開院1周年を迎えました!

開院1周年のご挨拶

 

朝夕肌寒くなり秋も少しずつ深まってきました。

この時期になると、鮮やかないくつかの“色”が心に浮かびます。高校生のころ訪れた、京都永観堂の燃えるような紅葉の“紅色”。大学時代見た、六本松九大教養部の銀杏並木の“黄色”。そして丁度1年前のクリニック建設中に見た、壁面ロゴ取り付け工事の日の空の“青色”です。秋の“色”が鮮やかなのは、冬に向かう肌寒さによる、独特の感傷のせいかもしれません。

本日2017年11月1日をもちまして、当クリニックは1年のお誕生日を迎える事ができました。本当にたくさんの皆様のお力添えをいただきました。まずはこの場を借りてお世話になったひとりひとりの方へ心からお礼の言葉を申し上げます。本当にありがとうございました。

思えば開院後、嬉しい事がたくさんありました。辛い処置を乗り越えて中耳炎を克服した小さいお子さんからの心のこもったお手紙、わざわざ遠方から来てくださるたくさんの患者さんの笑顔と握手、忙しい時ご自身もきついはずなのに頂いたスタッフクルーの方々からのねぎらいの言葉と笑顔、不安に押しつぶされそうになった日の家族からの応援。もちろん辛い事もありましたが、一日一日を大切に積み重ねて今日という日があります。

 

これからまた日々を大切に一日一日積み重ね、地域のみなさまのために微力ですがお役にたてればと願っています。私が医師を目指す原点であり、喘息の苦しみを救ってくださった小さな診療所のおじいちゃん先生には、まだまだ足下にも及びません。しかし今後もひとりひとりの患者さんの為に丁寧に診療を積み重ねていくことで、私の受けたご恩を耳鼻咽喉・頭頸部疾患治療のカタチで少しでもお返しできればと思っています。寒暖差が大きいですので体調には特にお気をつけください。これからもしらつち耳鼻咽喉科をどうぞよろしくお願いします。

2017年11月1日  しらつち耳鼻咽喉科院長      白土秀樹

 

2017年11月01日
(毎週火曜日午後)腫瘍外来・小児耳鼻咽喉科専門外来新設のお知らせ!

朝夕気温差が激しい今日この頃です。気温差は風邪などの感染症の原因になるだけではなく、寒暖差アレルギーなどの体調不良の原因にもなるので注意が必要です。

さて、当院も開院後まもなく1年が経過し、たくさんの患者さんにお越し頂いています。

この度さらなる患者さんのニーズにお応えするために、2017年10月から火曜日午後に腫瘍専門外来を開設する事になりました。基本的に火曜日午後の院長は腫瘍の患者さんの診療を担当しますが、専門再来が定着するまでは、窓口で患者さんのご希望をお聞きしますのでよろしくお願いします。患者さんにはご不自由おかけしますが、どうぞよろしくお願いします。

それに伴い一般再来は、小児耳鼻咽喉科、耳科疾患専門の菊池奈美先生(人気の女医先生です!)に火曜日午後お越し頂く事になり、小児耳鼻咽喉科の診療等を担当されます。菊池先生のプロフィールは別にご紹介いただく予定ですが、当院のコンセプトに共感いただき、今後は共に地域医療の発展にご尽力いただけるとのこと、私も大変心強く感じます。

また、それに伴い診察室の一部を改装します。改装中は患者さんにはご不自由をおかけしますが、ご理解の程よろしくお願いします。

10月から院内ハローウィン一色になりますので、そちらもお楽しみください!

 

 

2017年10月02日
KBCアサデス:アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎について

寒い日が続いていますね。。

先日アサデスの取材でアレルギー性鼻炎と副鼻腔炎についてお話ししました。

副鼻腔炎はいわゆる”蓄膿症”と同じもので、はなからのどに不快な汁が持続する、においがしない(または臭いにおいがする)、黄色い鼻水がでる、頬部や頭の痛みなど不快な症状をきたす事で知られていますが、実はアレルギー性鼻炎とも深い関わりがあります。

アレルギー性鼻炎は粘膜の腫れをきたしますので、副鼻腔の自然孔(もともと開いた孔)を狭くして膿汁などの排泄を障害します。その結果、アレルギー性の副鼻腔炎を起こす事もあるのです。

くわしくはHP診療案内の”鼻”を参照してください!

わかなないことはクリニックでも気軽に院長に直接お尋ねくださいね!

img_1963

 

2016年12月24日
内覧会開催しました!(2016.11.1新規開院)

img_1481%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-09-20-46-19 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-09-20-46-09 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-09-20-46-27 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-09-20-38-02%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-11-5-46-59

青空の元、1000人超の地域の方々にお越し頂きました!

クリニッククルーの熱い思いをお伝えできたでしょうか?

これから、”地元に溶け込んだ医療”をまじめにひたむきに続けていけたらと思います。

これからどうぞよろしくお願いします。

2016年10月30日
”もちまき”大盛況でした!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-09-20-54-53 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-09-20-54-10 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-09-20-54-26 %e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-09-20-55-04

 

建築の完成を願って餅まきをさせていただきました。

参加いただいた地域の方、本当にありがとうございました!

2016年09月11日