新型コロナウイルス感染症について

患者さまにご協力いただきたいこと

当院では新型コロナウイルス感染症の流行拡大防止のため、下記の取組みを行っています。皆さまのご協力をお願いいたします。
マスクの着用
マスクの着用
院内ではすべての患者さまにマスクを着用いただいています。
手指の消毒
手指の消毒
受付などに手指消毒用のアルコールがありますので、ご活用ください。
発熱のある方について
発熱のある方について
発熱などの体調不良がある場合は来院を控えてください。
ソーシャルディスタンスの確保
ソーシャルディスタンスの確保
椅子などに座る際は、一定の距離をあけるなどの対応をお願いいたします。
院内の混雑を避けるため、出来るだけアイチケットの順番予約を利用していただき、自分の順番の5番前までは車の方は車内で待機ください。
新型コロナウイルス感染症に関する一般的なお問い合わせ(福岡市)
TEL:092-711-4126(24時間対応)

しらつち耳鼻咽喉科の感染予防対策

・毎朝スタッフの検温、体調チェックをしています。
・スタッフはマスク、手袋などの防護具を着用しています。
・ドアノブやトイレ、テーブル、椅子等、患者さまの立ち入った場所を定期的に消毒しています。
・定期的に換気をしています。

高精度な空気清浄機を使用しています

病院ICUや手術室などでも導入されている「アースプラステクノロジー」採用の空気清浄機を設置しています。
感染症や各種ウィルス、細菌、花粉やハウスダストなどのアレルギー物質を強力に除去します。
高精度な空気清浄機を使用しています

こころの感染や社会的感染を防ぐことも重要です

コロナ禍の中で本当にたくさんの方が、それぞれの立場で頑張っていらっしゃると思います。きっといつかまた平和な世の中が来ることを信じて、ひとつひとつできることを行なっていくのが大切と思います。当院でも高性能ウィルス不活化フィルター搭載で、病院ICUなどでも活躍している空気清浄機を新しく設置しております。
寒いとか、風が強いとかご不便もおかけしますが、窓はほぼ全開状態で、クルーが一人一人の診察後に丁寧にアルコール消毒を行い、自家用車待機やアイチケット直前の来院などできるだけ密集を防ぐ取り組みを加速しています。ネブライザーなど一部処置の休止や、ぬいぐるみ、絵本の撤収など、治療やアメニティーの点でも多大なるご迷惑おかけしますが、すべて感染制御の理論的対策です。
コロナ関連原著論文を英語で精読すると、感染拡大初期のころのこのウィルスの情報がかなり変わっています。とはいってもできる対策は以前と同様です。ウィルスの感染力の変化が見て取れますが、ウィルスの弱点も見えてきました。
その様な中で、我々の感染症に対する基本姿勢はひとつで”正しく恐れること”だと思うのです。そしてひとがひとを思う気持ちにきちんと理論がマッチすれば、必ず乗り越えらえる感染症と思うのです。ただしく恐れる、そして気持ちを前向きに持つことと、規則正しい生活で体調を整えるのが基本で、こころの感染や社会的感染を防ぐことも非常に重要です。感染症の怖いところは以下の3つの感染それぞれの対策が必要なところです。
■医学的感染
■こころの感染(うつや自暴自棄、やる気のなさなど)
■社会的感染(風評被害、心無い周囲からの隔離)
それぞれ、ひとつひとつに向かいながらこれからも当院は対策を行ってさらに進化していきます。
皆さま前を向いてこの感染症を一緒に乗り越えましょう。