メディア情報

2020年10月13日(火)NHK ロクイチ福岡で寒暖差アレルギーについて当院が取り上げられました!

今年は秋が急にやってきました!そのため、夏に慣れた体が十分に”衣替え”できてない方が多く、急激な気温変化で”寒暖差アレルギー”が起きることが増えています。2020年10月13日(火)NHKロクイチ福岡に出演し、この季節のくしゃみ、鼻水、鼻づまりの原因が夏から秋への気候の変化とも関係する”寒暖差アレルギー”によるものの可能性があることを説明させていただきました!”ラーメンなどの温かいものを食べた後にでるものと同じ”血管運動性鼻炎”が原因となります。鑑別診断は秋の花粉症である”ぶたくさ”やハウスダストです。(ハウスダストや秋の花粉症はRASTという採血検査でわかります。)

特に今年は酷暑から急に季節が変わって、朝夕涼しく(寒く)なってきたことから、自律神経の乱れがおきて調子を壊す方が増えた印象です。

一般的に大体7度の寒暖差で起こるとされています。

鼻の症状以外に、めまいや頭痛、だるさなども起こります。

自律神経を整える最も有効な技は”規則正しい生活”です!朝起きる時間と食事時間、就寝時間を一定にすることで、体内時計がきちんと働きやすくなり、交感神経と副交感神経のバランスが良くなります。他に首筋、足首、手首などの露出部の保温や、ぬるめのお風呂にゆっくりつかることも効果的です!衣服を調節して体に負担をかけないことも大切で、特に体温調節が未熟な新生児・乳幼児にはこまめな衣類の調節をお願いします!

 

この季節、温度対策をこまめにして、十分な睡眠とバランスのとれた食事をきちんととるように心がけてくださいね!

https://www4.nhk.or.jp/P3513/

2020年10月18日
2020年10月5日(月)cross FM /”DHC Lifestyle Council”出演

10月5日から9日までの5日間 crossFMに、「鼻の病気あれこれ」で出演させていただきます。13時からほんの10分ですが、鼻の病気についてわかりやすくお話ししておりますので、よかったらお聴きくださいね。

番組は「DHC Lifestyle Council」

 

http:/radio.agency/life/

 

コンセプトは”わたしたちの、毎日のキレイや元気を研究する”で主に20代から40代女性向けの内容とのことです!

鼻にまつわる症状あれこれ

鼻血の正しい対処の仕方

睡眠時無呼吸症候群

子供に多い鼻や喉の症状

 

鼻のケアの仕方

 

2020年09月30日
2019年2月12日(火)TNCももち浜ストアで花粉症対策について院長が解説しました!

ももち浜ストアで花粉症対策について解説いたしました!

 

https://www.tnc.co.jp/store/shop/archives/28800

 

花粉症対策は基本抗原から遠ざかることですが、舌下免疫療法が体質改善に非常に有効と考えています!

2019年02月20日
2017年5月29日(月)KBC アサデス。に出演しました!

今回のテーマは「夏の花粉症」です。

 

スギ・ヒノキの時期が終わっても、アレルギー症状に悩まされている方は多いです。

スギ・ヒノキ花粉症の方の約半数は、イネ科の植物にも症状が出ることがあります。

中には、リンゴ、キウイ、トマトでくちびるが腫れたり、喉がイガイガしたりする方もおられます。

夏風邪と症状が似ているので、不調が続く場合は是非受診をオススメします。

 

 

 

 

2017年05月29日
2017年2月28日(火)KBC アサデス。に出演しました!

花粉症じゃないアレルギー症状についてお話ししました。

 

花粉症の方の一部には、野菜・果物・ナッツ類と一緒にかゆみやしびれなどのアレルギーを起こす方がおられ、口腔アレルギー症候群と呼ばれます。食べた後に、喉がイガイガしたり、せきが出だした場合は、その食べ物は控えてすぐに医師に相談しましょう

 

 

 

2017年02月28日
2017年2月23日(木)KBC アサデス。に出演しました!

今回のテーマは「なぜ?抗生物質が効かない」です。

 

抗生剤を処方されても、飲み方が悪かったり、合わない薬を無理に使い続けるとその薬に対して菌がだんだん抵抗をつけてきて耐性をつけてしまうと、薬が効きにくい耐性菌が増えてしまいます。

中途半端な抗生剤の使い方を続けてしまうと、耐性菌がどんどん増えてきてほとんどの抗生剤が効かなくなっていってしまいます。耐性菌を生まないためにも、症状が治っても抗生物質は処方された日数分を飲みきることが大切です。

 

 

 

2017年02月23日
2017年1月27日(金)KBC アサデス。に出演しました!

今回のテーマは「放置で重症化も・・副鼻腔炎」です。

 

副鼻腔炎の症状は、せき、頭が重い、くしゃみ、鼻水、鼻づまりです。

インフルエンザなどの風邪が流行っている時期は、その症状がきっかけで副鼻腔に細菌やウイルスが感染し、鼻の粘膜が腫れて副鼻腔炎になってしまうことがあります。

鼻をすすらず、優しくこまめに鼻水を取り除くことが予防につながります。

 

 

 

 

2017年01月27日
2017年1月18日(水)KBC アサデス。に出演しました!

今回のテーマは「増加する口の乾燥に注意」です。

 

唾液の中には免疫細胞が含まれ、病気の予防にとても大切です。

口の中が乾いた状態では、インフルエンザの感染率が上がったり、口の中にカビが生えることもあります。

主な乾燥の原因は、鼻づまり、加齢、ストレス、薬の副作用が考えられます。

鼻呼吸を意識し、口の乾燥を防ぎましょう。

 

 

 

2017年01月18日
2016年12月23日(金)KBC アサデス。に出演しました!

今回のテーマは「鼻のかみ方」についてです。

 

鼻を強くかむと粘膜が炎症を起こして副鼻腔炎になりやすいです。

副鼻腔炎になると、副鼻腔に膿がたまり腫れてしまい、顔の周囲や頭が重く痛く感じます。重症の場合は、手術が必要になってしまうこともあります。

下を向きながら、片方ずつ数回に分けて、正しく鼻をかむように心がけましょう。

 

 

 

2016年12月23日
2016年11月24日(木) KBC アサデス。に出演しました!

医者の立場から考える風邪予防術についてお話ししました。

 

ウイルスは家の中に持ち込まないことが大切です。

玄関で上着を脱いで、玄関に置いた空気清浄機でウイルスを吸引するのが良いです。

また、加湿器とアロマ(ユーカリやティートリー)はウイルスの繁殖を抑える効果があります。

カテキンが多く含まれる紅茶でのうがいも予防に効果的です。

もし風邪を引いてしまった時も、感染予防としてタオルは家族内でも一人一枚に分けると良いですね。

 

 

 

 

2016年11月24日