メディア情報

院長の記事が「ファンファン」に掲載されました!

※クリックするとPDFが開きます。

2022年03月23日
2022年2月25日(金)KBC シリタカ!に出演しました!

3月が近づいてきて、花粉症の方にとっては憂鬱な季節になりましたね。今回は、これから本格化する花粉症やアレルギー性鼻炎の原因と対策についてお話ししました。

 

花粉症やアレルギー性鼻炎は、大気汚染物質などが、アレルギーを起こす原因の花粉やアレル物質に付着することで、より症状が悪化すると言われています。そのため、都心部の方がその影響を強く受けることが分かっています。街中に住んでいる私たちが生活する上で、それらを完全に排除することは難しいですが、普段の規則正しい生活と食生活で免疫力を高めてしっかり予防することが大切です。そのためには、腸内環境を良くすることが非常に有効ですが、その中でも、”酪酸菌”が最近注目されています。先日、BLOGでもお話ししましたが、酪酸菌は免疫抑制の要となる腸内細菌で、免疫異常を改善する非常に重要な役割を果たしています。
花粉症やアレルギー性鼻炎でお悩みの方は、ヨーグルトなどの乳酸菌と、酪酸菌のエサとなる海藻、ごぼう、納豆などの食物繊維を意識して摂るようにしてみてはいかがですか?

 

 

 

 

2022年02月28日
2021年11月8日(月)KBC シリタカ!に出演しました!

エアコン内部の汚れが原因のアレルギーについてお話ししました。

 

最近気温も下がり、エアコン暖房を使い始める方も多くいらっしゃいますね。
夏の間使用していた冷房で、エアコン内部にはダニの死骸やカビが潜んでいます。掃除をしないまま、そのまま暖房を使用してしまうと、それが原因で、くしゃみや鼻水、ひどい場合には喘息などの強いアレルギー症状が出る場合もあります。
久しぶりに暖房を使用する前には、掃除をしっかりして、アレルギーを予防してくださいね!

 

 

2021年11月10日
2021年10月25日(月)KBC シリタカ!で秋の花粉症について当院が取り上げられました!

今回は、「秋の花粉症」についてお話ししました。

 

花粉症と言えば、春のスギ、ヒノキ花粉が有名ですが、秋にも花粉症があります。特に、ブタクサとヨモギの花粉に反応して、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみなどの症状をきたす方が多くいらっしゃいます。花粉の大きさが小さいため、咳の症状が出る場合もあります。なぜか最近アレルギーのような症状が出るなと思ったら、もしかしたら秋の花粉症かもしれません。
対策としては、春の花粉症と同じく、家の中に入る前に花粉を落とす、空気清浄機を設置する、なるべく花粉に近づかないということが大切ですね。

 

2021年10月26日
院長の記事が専門誌「美蕾」に掲載されました!
耳鼻咽喉科専門医向けに発行されている「美蕾(みらい)」という専門誌に院長の記事が掲載されました。
院長の記事が専門誌「美蕾」に掲載されました!

※クリックするとPDFが開きます。
2021年09月10日
cross FM /”DHC Lifestyle Council”出演
3月1日から5日までの5日間 crossFMに、「耳鼻科で扱う子供の病気」で出演させていただきました。
番組は「DHC Lifestyle Council」
2021年03月05日
FBS めんたいワイドで寒暖差アレルギーについて当院が取り上げられました!
今回のテーマは「あすさらに寒暖差が大きく 体調を崩さないためには?」です。
寒暖差アレルギーは、温度差大きい時にくしゃみ鼻水鼻詰まりなどの症状をきたす病態です!今年の2月は特に寒暖差大きいので、注意が必要です。花粉症と似た症状の他に自律神経失調症状としてめまいや倦怠感などもあります。症状緩和のためには首の他に、手首足首などのくびという名前がつく場所を温めたり、規則正しい生活リズムが重要です。
2021年02月16日
Doctors Fileに紹介されました!

全国のドクターの思いを取材しているサイトです。施設情報などが掲載されていますので、ご参照ください。

 

https://doctorsfile.jp/h/182288/df/1/

 

 

 

2021年01月14日
2020年10月13日(火)NHK ロクイチ福岡で寒暖差アレルギーについて当院が取り上げられました!

今年は秋が急にやってきました!そのため、夏に慣れた体が十分に”衣替え”できてない方が多く、急激な気温変化で”寒暖差アレルギー”が起きることが増えています。2020年10月13日(火)NHKロクイチ福岡に出演し、この季節のくしゃみ、鼻水、鼻づまりの原因が夏から秋への気候の変化とも関係する”寒暖差アレルギー”によるものの可能性があることを説明させていただきました!”ラーメンなどの温かいものを食べた後にでるものと同じ”血管運動性鼻炎”が原因となります。鑑別診断は秋の花粉症である”ぶたくさ”やハウスダストです。(ハウスダストや秋の花粉症はRASTという採血検査でわかります。)

特に今年は酷暑から急に季節が変わって、朝夕涼しく(寒く)なってきたことから、自律神経の乱れがおきて調子を壊す方が増えた印象です。

一般的に大体7度の寒暖差で起こるとされています。

鼻の症状以外に、めまいや頭痛、だるさなども起こります。

自律神経を整える最も有効な技は”規則正しい生活”です!朝起きる時間と食事時間、就寝時間を一定にすることで、体内時計がきちんと働きやすくなり、交感神経と副交感神経のバランスが良くなります。他に首筋、足首、手首などの露出部の保温や、ぬるめのお風呂にゆっくりつかることも効果的です!衣服を調節して体に負担をかけないことも大切で、特に体温調節が未熟な新生児・乳幼児にはこまめな衣類の調節をお願いします!

 

この季節、温度対策をこまめにして、十分な睡眠とバランスのとれた食事をきちんととるように心がけてくださいね!

 

https://www4.nhk.or.jp/P3513/

 

2020年10月18日
2020年10月5日(月)cross FM /”DHC Lifestyle Council”出演

10月5日から9日までの5日間 crossFMに、「鼻の病気あれこれ」で出演させていただきます。13時からほんの10分ですが、鼻の病気についてわかりやすくお話ししておりますので、よかったらお聴きくださいね。

番組は「DHC Lifestyle Council」

 

http:/radio.agency/life/

 

コンセプトは”わたしたちの、毎日のキレイや元気を研究する”で主に20代から40代女性向けの内容とのことです!

鼻にまつわる症状あれこれ

鼻血の正しい対処の仕方

睡眠時無呼吸症候群

子供に多い鼻や喉の症状

 

鼻のケアの仕方

 

2020年09月30日